ピアノ教室に通い始めると、年に1度から2度のペースで発表会が開催されます。
参加するかは任意ですが、一般的には習っているお子さんはほとんどが参加します。
まれに中学受験や高校受験などの忙しい時期が重なるとか、部活の試合があるといった理由で参加されないお子さんもいますが、基本は参加するのが当然という流れになります。
通常、参加費がかかりますが、これもピアノ教室を通ううえでの予定されたコストですので、参加の申込みはできるだけ行いましょう。
中には引っ込み思案のお子様が、出たくないと渋るケースもあるかもしれません。
福岡でも名の知れたホールなどを借りて、保護者の方や祖父母、お友達など多くの方が観ている場で、一人スポットライトを浴びてステージに立つわけですから、ドキドキする気持ちや不安になる気持ちも分かります。
中には練習ではしっかり弾けているのに、本番では緊張して上手く弾けないお子さんや、頭が真っ白になって演奏が止まってしまうお子様もいます。
でも、そういった経験もすべてがその後の成長に役立つものとなります。
ドキドキするのが嫌だから出ない、失敗したら恥ずかしいから出ない、ではなく1つの経験を積む場として保護者の方が積極的にお子さんがステージに立つ機会を作ってあげるべきです。
ある程度の年齢になると親の言うことも聞かなくなるお子さんもいますから、小さいうちこそ積極的に参加をさせ、人前でも堂々とふるまえる度胸を付けてあげたいものです。
こうした経験が学校の授業でも手を挙げて発表できるようになったり、試験や受験に緊張せず落ち着いて臨めるようになったり、将来、プレゼンなどを堂々とできる人間へと成長させていくのです。